Adenau | Blog


 

Blog

  • ブログロール

    • フックス
    • レーシングラインジャパン
  • ‘Matsufuji’ カテゴリーのアーカイブ

    なーんかおしゃれなVWが日本でも発売されますね:roll:


















    ABTでもコンピューターチューニングでパワーアップして、サスペンションを交換しているようです。











    Audiで言うところのスポーツバック?になるんでしょうか?実用性があってとても良い感じです。












    このワイド・ロー感がたまらないですね~♪:lol:



    外装はそのままにホイール&タイヤとサスペンションのみの交換で、ここまで大人なスタイルに変わっちゃうからドイツ車って凄いと思います。













    VWなのでRacinglineでも今後対応してくると嬉しいですね:wink:

    カテゴリー: Matsufuji, フォルクスワーゲン, 新製品

    これかなり有力かも。。。

    2017 年 10 月 18 日

    ちょっとネットで面白い情報見つけました。




    ピラミッドの作り方なんですが、今までの説では丸太の上に石を載せて運搬したとか、クレーンで吊り上げたとかが良く聞く説でしたが、最近ピラミッドの工事に携わっていた人のパピルス紙に書かれた日記が解読されたみたいです。



    解読された内容は運搬方法で、ナイル川を利用して石を運んだそうです。




    その運び方が面白くて、どうやら動物の皮に空気を入れて膨らませ、それをパピルス紙で覆い石に括り付けて川に浮かべて運んだようなんです。








    じゃあ、工事現場まで運んだ石はどうやって積み上げるの?・・・と言う事になりますよね?



    そこで新しい説が出てくるわけで、それが”ウォーターシャフト理論”。



    今後かなり有力説となると噂されてます。












    あ・・・これ以上の事は興味がある人はようつべで調べて下さい:mrgreen:CGで製作された解説動画が分かりやすく掲載されておりますので・・・:lol:













    それはさて置き、先週末スーパー耐久の最終戦が終了しましたが、AdenauがエントリーしているTCRクラスの車両で、早速来年登場する車両が発表されました。















    CIVIC TCR(2018)?らしいですね:roll:



    今年のシリーズチャンピオンを獲得したシビックよりもワイドローになった印象で、かなり速そうにみえますね。














    こちらがリヤビュー。きっと賛否両論だと思いますので、コメントは差し控えさせていただきます。。。





    兎にも角にも、来年のTCRクラスの登場するとなれば、かなりの強敵になる事は間違いないですね。





    ただ駆動系はそのまま・・・と言う情報もあるので、ひょっとするとひょっとします:mrgreen:




    来シーズンはもう少し台数が増えると面白いんですが・・・・果てさて追加で新チームのエントリーはあるのでしょうか?




    これも冬の間のお楽しみにして置きます:mrgreen:

    カテゴリー: Matsufuji, その他

    これ面白そう♪(^^♪

    2017 年 10 月 16 日

    始めて見ました、この車:shock:

















    これこれ:roll:ベンツのカングーみたいな感じです。




    名前はCITAN”シタン”?と言うみたいです。




    ルノーのカングーは日本でもかなり見かけるようになっているので、ファミリーユースで日本でも意外と売れるかも・・・・。














    ちなみに・・・・



















    ドレスアップするとこんなお洒落なバンに変身しちゃいます。


















    あと調べてみて面白いのはボディーサイズが3種類?あるようでショート、ミディアム、ロングと用途に合わせてボディが選択できるのもかなり魅力的です。
















    これだけ輸入車が多くなった日本でも、まだまだ国別で知らない車両があるんですね~:lol:



    こういうの見つけるの、結構楽しいです:mrgreen:















    あ・・・・先日、ジムでトレーニングした帰りに、エレベーターホールに設置してある自販機で妙なものを見つけました。
























    コカ・コーヒー????:shock:



    買って飲もうと思いましたが、筋トレの後だったので辞めて置きました・・・:lol:



    どんな味するんだろーなー・・・・・・・:mrgreen:

    カテゴリー: Matsufuji, メルセデス

    さぶ~・・・・。

    2017 年 10 月 14 日

    今週は急激に冷え込んで、油断していると本当に風邪を引きそうなくらい寒くなりました。




    昨日から寝るときはハーフパンツからスウェットに衣替えしました:mrgreen:












    さてここ最近の作業で写真を撮ったものをあぷーして置きます。



















    E46M3用Fコントロールアームブッシュ。これ効きますね:shock:



    装着後の試運転ですぐ分かります。フロント足回りの剛性感が格段に向上します。そのくせ乗り心地も悪くないのでかなりお勧めのマウントです。





















    お次は86N1のメンテナンス。今月末のFSW最終戦に出場するため、いろいろこそこそ作業してます。




    今回はお仕置きモードを回避する対策を施したので、早く走らせて結果を見てみたいですね。

















    そして今日、岡山サーキットで開催中のスーパー耐久シリーズにエントリー中のTCR車両のメンテナンスをやってたりしてました。



    こちらも良い結果が出ると嬉しいですね。










    本日のブログはこの辺で・・・・・。ではまた写真撮ったらあぷーしまーす:mrgreen:

    カテゴリー: BMW, Matsufuji, その他, フォルクスワーゲン

    もうBMWオーナーの方々はご存知の方も多いと思いますが、Adenauでも入手、装着が可能ですのでご案内いたします。



    車種設定はBMW Fシリーズの2#および3#のみ設定となっております。


















    こちらがフロント用で・・・・
















    こちらがリヤ用です。




    パッドはノンアスベストでオーガニック系を使用しているとの事。




    アフターマーケットで発売されているBMW用の低ダストブレーキパッドは、ブレーキ鳴きが出やすい傾向にありましたので、BMWオーナーの方々には願ったり叶ったりの商品だと思います。




    低ダストで鳴かないブレーキパッドをご希望の場合は、是非こちらの純正低ダストブレーキパッドを装着して見ては如何でしょうか?












    もちろんBMW純正クオリティーです:mrgreen:

    カテゴリー: BMW, Matsufuji

    CP9660 or CP9668?

    2017 年 9 月 25 日

    久々に良いもの見つけました:idea:




















    AP RacingのRADI-CALキャリパーです。



    数年前から発売されているのは知っておりましたが、アフター向けには限られた車種設定しかなかったので、輸入車への装着はほぼ諦めていたのですが、ここへ来て漸く装着可能なラインアップが追加されて来ました。















    こちらはCP9660になりますが、左右非対称構造(RADI-CAL)を採用したスタンダードモデルです。




    ちなみGOLF TCRでもこれのレース用を装着しており、性能は信頼と実績折り紙付き:mrgreen:
















    ピストンもレースモデル同様にステンレス製の波型ピストンを使用しているので、ブレーキフルードへの熱害を最低限に抑える事が可能です。



    またピストン後部にはアンチノックバックスプリングを装備しているので、抜群のペダルタッチを得る事が出来ます。












    ちなみにGOLF7R用の設定がございまして・・・・・

















    ローターサイズは355mmですので、18インチ(RAYS RE30)もスペーサー無しで装着可能と記載されています。


















    kit内容は上記の通りで、ディスクローターもAP製で”J”フックデザインのスリットが採用されています。



    AP Racingが採用した”J”フックは、ローター表面の熱を均一にするために最も効率的だそうです。














    ・・・・と言う事で・・・・Adenauで一番最初に装着する車両は何になるんでしょーか?:mrgreen:



    楽しみ楽しみ♪:mrgreen:

    カテゴリー: Matsufuji, アウディ, フォルクスワーゲン, 新製品

    R420?

    2017 年 9 月 20 日

    計画は頓挫していなかったみたいですね・・・・・。






















    R400からR420に名称を変更?して、ニュルでテストを続けているようです。





    パッと見はフェイスリフト前の7Rですが、FブレーキにはRS3と同様のウェーブローター+8podの組み合わせで装着されているように見えます・・・・。




    そろそろVWもRS3に匹敵するような、元気なホットハッチを出してほしいですね:wink:

    カテゴリー: Matsufuji, フォルクスワーゲン

    いい出来です。

    2017 年 9 月 8 日

    さて夏場のスポーツ走行をお休みしていたこちらの車両をご紹介します。

















    いつも大変お世話になっております、M様のTTRSですが、今回お休み期間中にリヤマフラーをセンター出しにして、それに合わせリヤディフューザーも製作して装着させて頂きました。



    リヤサイレンサーが中央に配置されることで、ディフューザーの奥をよりリヤメンバーに近い場所まで延長する事が出来ました。



    お陰で前後のバランスも良く、見た目もとても良くなりました:eek:
















    あとは毎年恒例のディスクローター&Fパッドを交換して、今シーズンのスポーツ走行に臨みます。








    後は足回りをもう少しバージョンアップ出来ればやってみたいですね:mrgreen:

    カテゴリー: Matsufuji, アウディ

    純正ホイールにもピッタリ

    2017 年 8 月 31 日

    さて今日はディーラーからの依頼で、サスペンション交換とブレーキキットを装着させて頂きました。















    車両はF25 X3になりまして、Eibach Pro-kitを装着:roll:



    純正のEDCをそのまま使用できるので、コストも考慮するととても経済的で見た目もグッとき締まります。















    そして、brembo GT kitを併せて装着。純正ホイールにもキッチリ入りぴったぴたのクリアランスがとても良い感じですね:wink:


    車両搭載のエンジンはN55エンジンでして、このブレーキさえ装着すれば強力なストッピングパワーで車体を瞬時に減速させることが出来るのでとても安心です:wink:










    純正ホイールのままでも後付けbrembo kitを装着出来るのは、BMWだけでしょうね~・・・・・:lol:

    カテゴリー: BMW, Matsufuji

    夏休み明け。。。

    2017 年 8 月 21 日

    今年夏休みは前半は海や花火と夏らしい事をして遊びましたが、後半は車、車、車となりまして・・・。















    FSWで開催されているチャンピオン戦に出場の為、サポートとなりました。




    BLANCPAIN ASIAも開催されているため、A棟は使用できず1日目は久々の青空メンテナンスとなりました。




    木曜日のスポーツ走行で良いセッティングを探しまして、まあまあな所を見つける事が出来たので、翌日の土曜日は夕方の走行枠1本のみのため、今回はキャンセルして本チャンの日曜日へ臨みました。



















    そして予選・・・・。






















    総合5番手、クラス・ポールを獲得する事が出来ました。(横にしかならなくてすみません・・・(^^);)




    今回のドライバーは、いつもお世話になっている川崎俊英選手。練習も1回のみでタイムを出してくるあたりは流石としか言いようがありません。














    そして迎えた午後の決勝。抜群のスタートを決め総合5番手ポジションから一気に3番手に浮上‼本来なら8Beatのウィング付きの86が先行するレースなのですが、なぜか羽無しの86が前を走ってます。。。。。。:lol:


    そしてそのまま順調にレースを運んでいましたが、5週目辺りから86で良く起こるパワーダウンの症状が出始め、ポジションを徐々に下げ、総合7番手まで後退してしまいました。



    ・・・・がしかし、そこは”ハイランダー”こと川崎選手は周りの状況を的確に把握し、粘りの走行でクラス2位のポジションでチェッカーを受けました。


















    久々にドキドキしたレースとなりましたが、見ていても本当に興奮するレースになりました。(また横・・・・・(-。-);(-。-);)




    残念ながら2位と言う結果にはなりましたが、川崎選手ならパワーダウンさえなければ普通に1位をを獲れたはず。。。










    と言う訳で、次戦までにパワーダウンの対策を出来る限り行って見まーす:mrgreen:














    追伸・・・・。
















    3日間、FSWへ通いましたが3日とも帰りは20㎞渋滞でした。。。。こっちの方が疲れるんですけど・・・・:lol:

    カテゴリー: Matsufuji, その他


     

    Menu