Adenau | Blog


 

Blog

  • ブログロール

    • フックス
    • レーシングラインジャパン
  • ‘フォルクスワーゲン’ カテゴリーのアーカイブ

    なーんかおしゃれなVWが日本でも発売されますね:roll:


















    ABTでもコンピューターチューニングでパワーアップして、サスペンションを交換しているようです。











    Audiで言うところのスポーツバック?になるんでしょうか?実用性があってとても良い感じです。












    このワイド・ロー感がたまらないですね~♪:lol:



    外装はそのままにホイール&タイヤとサスペンションのみの交換で、ここまで大人なスタイルに変わっちゃうからドイツ車って凄いと思います。













    VWなのでRacinglineでも今後対応してくると嬉しいですね:wink:

    カテゴリー: Matsufuji, フォルクスワーゲン, 新製品

    こんにちは。 先日、肌がカミソリ負けしてしまったメガニック相川です:cool:


    髭を剃る時にとっても久しぶりに普通のカミソリを使ってみたんですけど、見事に負けて血ダラダラになってしまいました・・・。



    いつもは電気カミソリを使ってるんですけど、充電がなくなってしまいまして・・・。



    充電器を持って行ってなかったので、仕方なくT字のカミソリで剃ってみたんですけど、やっぱりダメでした:idea:


    きっと5年ぶりくらいに電気じゃないのを使ってみたんですけど、久しぶりに使おうとするとちょっと怖い感じのアレで・・・。



    次回からはちゃんと充電して、さらに充電器も持っていこうと思います。










    さてさて先週の水曜日から、S耐最終戦が行われる岡山国際サーキットに行ってきました:idea:


    水曜日に移動~設営をしまして、その日は暖かくて過ごしやすい日でしたが、練習走行が始まる木曜から週末まで天気が下り坂という予報で・・・







    雨が降ったり止んだり、路面が徐々に乾いてきたり、また濡れたり・・・



    という微妙なコンディションが続きましたが、車も走り出しからなかなかいい感じのアレで、ドライバー二人の感触を確認しつつ順調にセットアップを進めていけました:idea:






















    ただ、土曜日の予選の時は完全なドライコンディションになってしまい、路面状況に車をアジャストしきれずに、クラス4位の結果となってしまいました。











    迎えた日曜日午後の決勝レースは、やっぱり予報通りのウエットコンディション。



    週末を通して燃費が良く、燃料の事だけを考えれば満タンスタートで1回のピットストップでいける計算でしたが、S耐の場合、ドライバー交代を含むピットストップを2回しなければいけない、というルールがありますので、最低2回のピットストップが義務づけられています。



    スタート前の雨の状況からSCスタートになる可能性が非常に高かったため、グリッドに着く直前にガソリン満タンにして、スタートでSCが入っているときに、2回しなければいけないうちの1回目のドライバー交代のしてしまおう作戦に急きょ変更になりました:idea:


    予想通りスタート前にSCスタート宣告がされて、SC先導のままレーススタート。



    2周目に、スタートのPhilippe選手から密山選手に交代して、3周目からゴールまでを1回のストップで行く作戦を実行しました。



    雨が降ったり、弱くなったり、さらには止んだりして路面に水が少ない状況のときもありましたが、ドライバーとタイヤの状況、路面の状況を無線で確認しながら、さらにピットストップのロスを最小限にするためにも、タイヤ交換無しで給油のみのピットストップ作戦になりました:idea:


    変則的な作戦をとったため、他のライバルチームと1スティントの長さとピットに入るタイミングが違うので、順位が入れ替わったりしましたが、Philippe選手が最後まで上手くタイヤを持たせてくれて、見事に二位でチェッカーを受けることができました:idea:






    今年は途中から参戦して、全6戦のうち参戦したのは3戦でしたが、参戦初戦の鈴鹿はトラブルもあって五位、二戦目の富士10時間では優勝を飾れて、最終戦の岡山では作戦を上手く考えて二位と、途中参戦を考慮しても充実したスーパー耐久の一年間でした:idea:






    最後になりましたが、今年一年間スポンサードして下さいました皆様、応援して下さいました皆様、各関係者様、本当にありがとうございました!!! :razz:











    カテゴリー: Aikawa, フォルクスワーゲン

    S耐 岡山 結果

    2017 年 10 月 18 日

    こんにちは。

    月曜日にS耐久岡山戦から帰宅致しました。

    今回のレースは前回優勝した富士からの勢いを保って、連勝が最大の目標でした。

    木曜日に走り出すと、持ち込みセットがとても良い感じで、すぐに良いペースで

    走る事が出来ました。

    この週末は、雨が降ったり止んだりの連続で難しいコンディションでしたが、

    練習からウェット、ダンプ、ドライの全てを経験出来た事は良かったと思います。

    マシンバランスは、FF特有のアンダーステアは出ますが、他はあまり不満が無い位、

    とても良い感じ。強いて言うなら、進入時のリアの「めくれ」のオーバーステア

    が気になりましたが、ここの少しのアジャストでマシンが反応してくれるので、

    対処に苦戦する事は有りませんでした。

    予選。

    前日までと気温や路温が変わり、Philippe選手からはアンダーステアが酷い、という

    悲痛な無線が入りましたが、予選中にアジャストする時間は無く、ポジション4。

    私はPhilippe選手のフィーリングからマシンをアジャストしてアタックに出ましたが、

    やはりアンダーステアが強かったです。

    前日のダンプの中、出したタイムとほぼ同タイムで、ポジション3。

    Philippe選手と私の合算タイムにより、4番グリッドからのスタートになりました。

    決勝。

    朝から雨が降りしきり、スタート前も雨の勢いは弱まりませんでした。

    このレースは3時間。そして、ドライバー交代を含むピットインを2回行わなければ

    ならないルールでした。

    我々の作戦は、Philippe選手→密山→Philippe選手。

    このGOLF TCRは凄く燃費の良いマシンなので、それぞれのスティントは満タンでは無く、

    50リットル搭載位で考えていましたが、雨の状況からSCスタートになる可能性を

    考慮し、スタート時のガソリン搭載量を満タンに変更。

    そうすれば、SCスタートになった際、1回のドライバー交代を有利に消化出来るからです。

    予感は的中し、SCスタートになりました。

    Philippe選手には2周目にピットインして貰い、私に交代。

    そこから58周のロングスティントを慣行致しました。

    しかも、自分のスティント後のドライバー交代では、タイヤ交換はしない作戦。

    58周をタイヤを労わりながら、前のライバルを抜くのはなかなか大変でしたが、

    後半にはクラス1位にポジションを押し上げる事が出来、2位に約8秒のマージンを

    作ってピットイン。

    タイヤ交換無し、給油とドライバー交代のみのピットインでしたが、交代時のミスも無く、

    スムーズにピットアウト出来ました。

    ここからPhilippe選手はタイヤの摩耗との戦いでしたが、約40周をミスなく、

    他のプロと遜色無いタイムで走り続けてくれた結果、2位を獲得する事が出来ました。

    今回の2位は、作戦とドライバーの粘り勝ちだったと自負しております。

    本当に中身の濃い2位でした。























    今年は3レースしか出場しませんでしたが、1戦1戦、本当にチームが強くなって行くのを

    実感しながら前に進む事が出来たと思っております。

    来年はチャンピオンを目指し、これからも精進致します。

    皆様の多大なるご支援、ご声援、誠に有難うございました!!!

    カテゴリー: Mitsuyama, フォルクスワーゲン

    .

    GOLF7R用にリリースされている Racingline「DSGパドルシフト」

    シンプルな取付けもあって、発売以来かなりの数量が売れております。



    一般的な貼り付けタイプと違い、完全な交換タイプなので操作性がとても良いのが特徴です。

    実際にその違いはステアリング操作をしながらパドル操作をする時にハッキリします。

    一般的な樹脂製貼り付けタイプは延長部を操作した時に「しなり」が出てしまいギヤチェンジ出来ない場合がありますが、アルミ削り出しのこの商品はそのような事がありません。

    スポーツ走行などされる方等はおそらく経験があるかと思います。

    もちろん貼り付けタイプの見た目を好む方もいらっしゃいますので全てを否定するわけではありませんが、操作性はアルミ削り出しの方が確実に上です。

    今では沢山入荷してもすぐに売り切れてしまう人気商品です!



    http://racingline.tokyo/showcase/vwr_dsg_paddle_shifter.php

    カテゴリー: Koma, フォルクスワーゲン

    2台まとめて

    2017 年 10 月 14 日

    .

    昨日KWコイルオーバースプリングキット、「AMC C43カブリオレ用」が正式にリリースされ、

    首を長~くして待って頂きましたお客様の車両にやっと装着となりました。



    ご友人同士の車両ですが、2台ともオーダー頂いております。

    いつもありがとうございます。

    しかし今回は1台分のみの入荷となってしまった為、もう一台は後日の装着となってしまいました。



    電子制御サスペンションの機能はそのまま使用できますので、もちろんAMGダイナミックセレクトスイッチで切り替えが可能です。



    車高はダウンさせ過ぎないところで15~20mm以内ですが、これだけでも断然見栄えが良くなりますね!

    W205は2WDクーペ、セダンのC63ばかり作業させていただいていたので4WDで、しかもカブリオレは初めて作業させて頂きましたが、C63より少々作業に時間が掛かりました・・・

    特にリヤの車高調整はもう一度バラさないと再調整出来ないので、車高が決まるまで何回もバラバラに・・・

    でも車高データはもうこれで取れましたので、次回からは2時間位で終わると思います:mrgreen:
    .

    .

    .

    こちらはこの所Racinglineパーツを多く装着していただいておりますGOLF7R。

    パワー系のアップデートをお悩み中・・・



    ディーラー保証を考えるのであればサブコン。

    安定のモアパワーであれば「OEM+ Stage1」

    凄くお悩みだったので・・・・

    全くパワーには関係がないのですが、スロットルコントローラーをお勧めしました:mrgreen:
    何故かと言うと、街中ではパワーが上がったように体感度が高いスロットルコントローラーは、ブーストが早く立ち上がるような感覚になるんです。実際オーナーさんも直ぐに体感出来たと言って喜んでおりました。



    今後パワー系はどちらを選んでも問題はありませんので、気になる方は迷わずこの「PPT」を装着してみてはいかがでしょうか!



    細かい調整もできますのでお勧めです!

    .

    .

    .

    こちらは先日サーキット走行をご一緒させていただきましたR8。



    更に安定して走行できるように色々とアップデートを計画中。

    まずは第一弾として、ブレーキの対策。

    純正カーボンブレーキと言えど、フェードも起こります。

    ローター温度もピットイン時で620度なので、まずはダクトの製作とパッドの交換。

    今回用意するのはカーボンローター用ブレーキパッドPAGID RSC」



    走行状況を踏まえてリクエストしたのは最強の「RSC3」です。



    フェード、バイト、ウェア等がとても良いバランスなので、これだけでもかなりの安心材料ですね。

    次回のアタックが楽しみです!

    .

    R8と言えばこの所ホイールの問い合わせも多くいただいております。

    個人的なお勧めは・・・絶対コレ!

    「BBS FI-R」 です。



    .

    .

    その他スタッドレスセットなどの問い合わせも頂くようになり、そろそろ冬に向けて準備ですかね~。

    じゃんじゃんお問い合わせ下さい!!

    .

    .

    カテゴリー: Koma, アウディ, フォルクスワーゲン, メルセデス

    さぶ~・・・・。

    2017 年 10 月 14 日

    今週は急激に冷え込んで、油断していると本当に風邪を引きそうなくらい寒くなりました。




    昨日から寝るときはハーフパンツからスウェットに衣替えしました:mrgreen:












    さてここ最近の作業で写真を撮ったものをあぷーして置きます。



















    E46M3用Fコントロールアームブッシュ。これ効きますね:shock:



    装着後の試運転ですぐ分かります。フロント足回りの剛性感が格段に向上します。そのくせ乗り心地も悪くないのでかなりお勧めのマウントです。





















    お次は86N1のメンテナンス。今月末のFSW最終戦に出場するため、いろいろこそこそ作業してます。




    今回はお仕置きモードを回避する対策を施したので、早く走らせて結果を見てみたいですね。

















    そして今日、岡山サーキットで開催中のスーパー耐久シリーズにエントリー中のTCR車両のメンテナンスをやってたりしてました。



    こちらも良い結果が出ると嬉しいですね。










    本日のブログはこの辺で・・・・・。ではまた写真撮ったらあぷーしまーす:mrgreen:

    カテゴリー: BMW, Matsufuji, その他, フォルクスワーゲン

    最終戦

    2017 年 10 月 11 日

    こんばんは。

    明日からS耐最終戦が行われる岡山に向かいます。

    今年は、まだ2レースしか出ていないので、もう最終戦???といった感じです。

    我々のデビュー戦、鈴鹿は予選2位からトップを快走中にトラブルが発生し、5位。

    2戦目の富士10時間は予選1位からの決勝1位で快勝。

    勿論、最終戦も狙うは、ポールトゥウィン。

    AUDI勢は精力的にテストを繰り返しているようですし、HONDA勢も速そうです。

    今回は、S耐を初めて3年目。来年の事はまだ分かりませんが、ひとまず、

    集大成、と捉え、チーム一丸となり、頑張ります。







    再び、表彰台の真ん中を狙います。

    皆様のご声援、どうか、宜しくお願い致します!

    カテゴリー: Mitsuyama, フォルクスワーゲン

    数日

    2017 年 10 月 9 日

    こんにちは。

    昨日、今日と暑いですね~。

    こんな気温差が有ると体調崩します。風邪ひいてしまいました・・・orz

    さて、先週の金曜日は、サーキットサポート&Racinglineデモカーのテストに行って参りました。



    AUDI V10 plusさん。



    AUDI RS3さん。

    今回、初めてV10 plusに乗らせて頂きましたが、本当に頭が良い車で、制御の効かせ方が

    絶妙でした。AWD特有の動きは100R位でしか感じず、フロントの回頭性が秀逸。

    スローコーナー脱出では、自分のイメージでこの辺りからスロットルを開けるとアンダーから

    オーバーに変わりそうだな・・・、的な場所でもこのV10 plusはグググッとフロントが

    回り込み、非常に早くからスロットルが全開になります。

    あの感覚は、今までの車には無い感じで、頭を切り替える必要が有るほどです。

    勿論、制御を完全にOFFにすれば、素直なハイパワーAWD車両に変わりますが、

    私は個人的に制御を使って走るのも、面白いと思いますね☆

    ブレーキを入れて頂いたRS3さんも本当に上手く走っておられました。

    ダンロップコーナーから最終コーナーまでを、あと少し、「我慢」して走る事が出来れば、

    タイムは一気にUPしますよ☆



    サポートの合間を縫って、デモカーもテスト。

    今まではパワーに任せてタイムを出していた印象が強かった、このデモカー。

    スローコーナー脱出はとにかくアンダーステアが強く、AWDだから仕方ない、と

    ある意味、妥協して走っていた部分もありました。

    しかし、今回はパワーもさることながら、バランスが最高でした!

    曲がる・破綻しない・安定感抜群、と言う感じで、ストレスを感じるコーナーが

    殆ど有りませんでした!

    このGOLFのバランス・パワーは是非、皆様にも体感して頂きたいです♪♪

    皆様、間違いなく、その乗り易さに、目ん玉、飛び出ちゃうと思いますよ~~!(^^)!

    サポートが終わり、急いで名古屋へ。







    今回は、ランボルギーニ名古屋さんで、HURACAN GT DRIVER EXPERIENCEのドライバー

    を務めさせて頂きました。

    今回主にドライブしたのは、HURACAN RWD(2輪駆動)です。

    R8 V10 plus(AWD)とは、かなり違った乗り味、音の演出など、HURACANも

    本当に良く出来た車です。

    今回は乗りませんでしたが、このHURACAN performanteはマジでオーラが半端じゃないです。

    リアの作り込みなんて、溜息出ます。

    ランボルギーニ名古屋の皆様、今回は有難うございました!!!

    名古屋駅で念願の味仙食べました。



    台湾ラーメンに豚のコブクロ、手羽先。

    メチャクチャ辛かったけど、美味しかった~~!

    カテゴリー: Mitsuyama, その他, アウディ, フォルクスワーゲン

    こんにちは。 先日、家で飼っていたサボテンがお亡くなりになってしまって、ちょっと寂しい感じがするメガニック相川です:cool:


    サボテンを飼うというのが合ってるのかわかりませんが、家に二つあったサボテンがどっちもダメになってしまいました・・・。



    手のひらサイズのサボテンだったので、とっても小さいサボテンだったんですけど、その小さいサボテンが土のところに横になって倒れてる様を見て衝撃的でした・・・。



    大きいサボテンだったら倒れても仕方ない感じのアレがしましたが、小さいのに、土の中に入ってる量と外に出てる量がそんなに変わらないのにも関わらず、そこから横に倒れるの!!??・・・的な:idea:


    とりあえず次のサボテンは考えていませんが、サボテンが置いてあったお皿はそのままにしてあるので、そろそろ嫁さんが新しいのを買ってきそうな感じのアレがします。









    さてさてまずは・・・







    こちらのVW・GOLF Rヴァリアントさんですが、近々遠出をするとのことで、タイヤの履き替えをさせていただきました:idea:


    こちらのお車はインテーク系は全てRacingline製をインストールさせていただいておりまして、足廻りのスプリングもRacinglineのスポーツスプリングで、純正車高から20mmほど下がっているので、見た目もとてもスタイリッシュです♪



    Racinglineといえば今月の10月末まで、DMEチューニングの「oem+」を通常価格より20%OFFでご提供させていただいております:idea:






    10月ももう一週間が過ぎて残り三週間余りとなりましたので、このお得にパワーアップできる機会を、ぜひご検討ください:idea:


    の後は、連日作業中のGOLF TCRの作業で、岡山戦に使うタイヤが届きましたので・・・







    タイヤの組み換え、ホイールバランス、窒素ガス入れ替えなど:idea:


    と・・・











    車の方も岡山戦に向けてのセットアップを行いました:idea:










    さてさてそ~いえば、今日は鈴鹿サーキットでF1・日本GPが行われましたが、来週は富士スピードウェイで「WEC」が行われますね:idea:


    二週連続で日本で世界選手権が行われるなんて、レースファンからすると最高の10月ですが、WECと同じ週末にツインリンクもてぎでは「Moto GP」が行われるんですね。



    こんなに集中して大きいレースやらなくても・・・



    ・・・と思ったりもしましたが、昔、1995年にはF1が、岡山国際サーキットでパシフィックGPが行われた次の週に鈴鹿でやって二週連続でF1が日本で行われたときもありましたね・・・。



    その時も、その二つのレース共に10月にやっていた気がします:idea:


    確かその時は、震災の影響で二週連続の変則スケジュールになったと思いますが、日本で二週連続のF1は、今のところそれが最初で最後な感じのアレですね・・・。



    とりあえず、今日のF1の結果を知らずに家に帰れそうなので、楽しみにして見ようと思います:idea:











    カテゴリー: Aikawa, フォルクスワーゲン

    まさか・・・

    2017 年 10 月 7 日

    .

    昨日は新型R8のサーキットシェイクダウンのサポートにFSWまで行ってまいりました。

    ご一緒のRS3は先日ご購入いただいたブレーキのテストも兼ねています。



    まずはR8。

    タイヤ、ブレーキなどはノーマルのままサラッと52秒台。

    まずはこれもビックリでした。

    このままタイヤ替えればタイムアップ確実ですが、課題はブレーキ。

    ノーマルでもカーボンローター、パッドの組み合わせですが冷却ダクトが無いR8は、あっという間にフェード&エアーが噛んでしまいました。

    サーキット走行を考えるのであれば今後は対策をしないとダメですね。

    .

    RS3は純正ローターから DBAの純正交換タイプの2ピースローター(T3スリットを選択)に交換して初走行。



    RS3のビッグローターキットは色々なメーカーからリリースされているのですが、純正同径の商品はなかなか無く、探していたらDBAからリリースされていましたので早速輸入をお願いしました。

    同径を探していたのは、インチダウンの18インチを装着しているからです。

    サーキット専用の場合、18インチの方がタイヤの選択肢も増えますし、コストも抑えられますのでまさに一石二鳥ですね。

    2ピースタイプなので今後はローターのみ補修部品として交換可能なのが最大の魅力でした。

    レーシングローターに比べるとベンチレーションの口径がやや狭いので冷却が心配でしたが、その分耐久性のありそうな厚みがあります。

    組合わせるパッドは「IDI」製。

    まずは焼き入れからスタートしましたが、オーナーさんは初めての焼き入れにも関わらず上手に焼き入れが出来ました。

    新品ローター&パッドの場合はこの最初の焼き入れが肝心で、上手くできないとジャダーが出てしまいます。



    走行2本目からはいつも通り全開走行を楽しんでいました。

    パッド、ローターの相性も良く「凄くコントロールし易い」と絶賛していましたので良かったです!

    .

    .

    そしてサポートの合間を縫って「Racingline デモカー」を1本だけテスト。

    こちらはもうすぐ発売予定の「Stage3 ターボ」を組んであります。

    ただし、ミッションのDSGはオイルを含めてフルノーマル。

    トルクリミッターもそのままです。

    Stage3を組んでロードテストをしていましたが、低速からの高負荷時にはリミッターが効いて加速が鈍いのが体感出来るのですが、ピークトルクを超えてからシフトチェンジすると全く問題が無かったので、「もしかしたらDSGノーマルのままサーキットは走れるんじゃないかな~」と思って今回に至りました。

    トルクリミッターがそのままだとDSGが壊れる心配がないので走れたらラッキー!みたいな感じでしたが・・・

    なんとまさかの速いタイムでビックリしました。



    ※写真は社長のF/Bから拝借

    ロガーでも良いタイム&最高速が連発していたので、パッケージとしての完成度はかなり高いと感じました。

    詳細は電話、メールにてお問い合わせ下さい。
    こちらに動画アップしてあります。

    https://www.facebook.com/RacinglineJapan/


    .

    カテゴリー: Koma, アウディ, フォルクスワーゲン


     

    Menu