Adenau | Blog


 

Blog

  • ブログロール

    • フックス
    • レーシングラインジャパン
  • ★E82油温対策★

    2010 年 5 月 31 日

    これからの季節はスポーツ走行するドライバーにとっても、車にとってもきびしー季節になりますね:sad:
     

    AdenauでもE82を走らせておりますが、やはり真夏の炎天下の連続走行はかなり困難を極めます・・・:lol::lol::lol:
     

    Adenau IDI E82は、ARC製ツインオイルクーラーを武装し、オイルクーラーを最適な位置に調整し通過後のエア出口側もスムースに排出できるようフェンダーライナーを加工、そして電動ファン一体のファンシュラウドの下部を開口させ、インタークーラーの機能も最大限発揮できるようしております:wink:
     

    エンジンオイルも数種類テストを行っており、外気温20℃までは油温が115℃で安定させる事が出来ておりますが、この先さらに気温上昇に伴い油温も上昇し、最悪はフェイルセーフ:!::shock:
     

    ですので、これを回避し真夏でも連続走行可能なE82にするため、こちらの部品を取り寄せ加工を行いました:idea::eek:
     

     



    E82のオーナーでしたら分かりますかね:?::roll:これ、純正エンジンオイルクーラー用のサーモスタット内蔵ハウジングなんです:wink:
     

    早速中身を分解して構造を確認しましたが、取り外しはNG:idea::sad:取り外すと、オイルクーラーラインにエンジンオイルが循環しなくなってしまいます:sad:サーモスタット本体には6箇所のホールがあり低温時でも少量のオイルがリターン側へ流れる構造になっていますが、サーモコントロールは110℃・・・正直この温度はありえません:lol::lol::lol:
     

    出来る事なら、80℃~90℃くらいでコントロールしたいものです:sad:ですので今回は、サーモスタットのリリーフ側ピストンを加工し、エンジンオイルが冷間時からある程度オイルクーラーに循環できるようにしてみました:idea::eek:
     

    装着はこれからになりますが、油温を上手くコントロール出来るかテストしてみまーす:mrgreen:
     

    軽い暖気程度で、街中も問題なく走行できるくらいの油温でコントロールしたいですね:idea::wink:
     

     


     

    Menu