Adenau | Blog


 

Blog

  • ブログロール

    • フックス
    • レーシングラインジャパン
  • あと少し・・・・。

    2012 年 3 月 29 日

    時間を作って、ようやく手を付け始めた吾輩・・・・:roll:










    以前からメンテナンスで入庫中の FERRARI 328 GTB です:roll:


    今日はこちらの車両のタイミングベルト交換や、全油脂交換等、車検を取得すべく最終の作業を行っておりました:wink:


    車検を取得するに当たり、一番の問題だったのが”触媒”でした:shock:この車両は並行車のためキャタライザーが非装着でして、今までのようにそのまま車検を通す事は適わず、急遽、キャタライザーを装着しなければなりませんでした:sad:


    ですが、Adenauの業界ルートを駆使して、先日無事に装着を完了致しました:wink:


    気になっていた排気ガスの状態ですが・・・・果たして:idea::shock:










    おぉ~~~っ:idea::shock:ちょ~~~くり~ん♪♪:lol:凄いですね~触媒って♪♪:wink:


    さぁ~て・・・持ち込み準備を進めないと・・・・・:wink:早く公道をぶんぶん言わせて走らせて上げたいですね:wink:





    お次はこちらの車両のオイル交換です:wink:










    Porsche 964 CUP になります:roll:もちろん本物のCUP車両です:shock:Adenauでは珍しい空冷ポルシェですね:idea::roll:


    空冷ポルシェももちろんドライサンプですので、エンジンオイルタンクが車両に搭載されております:idea:








    エンジンを完全暖機の後、じゅん・・・じゅわぁ~~~っ・・・・・とオイルを抜き取ります:roll:(右のロッカーパネル後端部に15mmのドレンボルトがあります)


    かなりの量がでるので、火傷に注意です:wink:





    もう1つのドレンボルトがここ:roll:エンジンクランクケースに装着されている15mmのボルトになります:wink:


    ここでの注意は、写真左側に写っているエキゾーストマニホールドにオイルが付着しないように、ダンボール等でガイドしながらボルトを取り外す必要があります:roll:


    さらに今回は、エンジンオイルの銘柄を変更するためオイルフィルターも同時に交換しております:wink:


    全ての工程が終わり、ここからが一番大切な油量合わせ:idea::shock:


    CUP車両・・・この辺りもシビアです・・・:shock:オイルレベルゲージと、メーター内油量計を確認しながら調整を行いました:eek:


    これでまた元気にFSWを駆け抜けてくれる事でしょう:wink:




    ・・・と、本日の吾輩は、通常のメンテナンス作業の一日でしたん:lol:


    あ~~~・・・髪切りたい・・・・・:lol::lol::lol:


     

    Menu