Adenau | Blog


 

Blog

  • ブログロール

    • フックス
    • レーシングラインジャパン
  • 鈴鹿1000km

    2017 年 8 月 28 日

    こんにちは。

    昨夜、SGT鈴鹿から帰宅致しました。

    今回がSGTとしての鈴鹿1000kmは最後となり、来年からは鈴鹿10時間耐久レース

    として生まれ変わります。来年からのレースはSGTでは無く、世界中のGT3マシンが

    集う世界的なレースとなります。

    ですから、SGTとして2005年からの鈴鹿1000kmは今回が最後となりました。

    そんな鈴鹿1000kmファイナルに出場出来る事になり、本当に嬉しかったですね。



    今年はSGTに出ていなかったので、今年初めて出場するドライバーのみの講習会が金曜日

    にありました。狭い部屋に居たのは、私とジェンソン・バトン選手、クリスチャン・クリエン選手、

    アウグスト・ファルファス選手、影山選手、濱口選手・・・・・。

    バトン選手やクリエン選手と少しお話しましたが、気さくで本当にナイスガイ(^^♪

    あ~~、記念撮影しておけば良かった・・・・・。。。

    土曜日はAMにテスト走行時間があり、PMに予選のQ1、Q2があります。

    テスト走行は、開始直前まで降っていた雨により、WETからスタート。

    まずは私がDRYタイヤを履き、WET路面で計測1周を走り、脇阪選手に交代。

    脇阪選手がセットアップを進め、番場選手がそのセットで走り、私に交代予定でしたが、

    マシントラブルにより、走行する事は出来ませんでした。

    予選はQ1を脇阪選手が担当し、素晴らしいアタックを見せてくれましたが、ストレートスピード

    が遅く、21番手に沈んでしまいました。

    決勝は、5回PITの義務があるので、そのPIT回数をどのように使うか、そして、どのタイミングで

    SCが入るのか、で勝敗が大きく分かれます。

    私は3スティント辺りの担当を予想していましたが、チームからは、スタート&4スティント目の

    担当を指示されました。さすがに、全く走っていないマシンでいきなりスタートは緊張しましたが、

    順位を大きく落とすことも無く、そつなくこなす事が出来ました。

    その後、脇阪選手、番場選手も素晴らしい走りで、私も4スティント目をミスなく、

    チームメイトと遜色無いタイムで走る事が出来ました。

    レースは、2度のペナルティで大きなロスも有りましたが、チーム全体が集中していい仕事

    をしたので、結果は12位でフィニッシュする事が出来ました。

    これはチーム最上位の結果ですし、少しでもチームに貢献が出来たなら、良かったと思います。

    今回は、GreenBraveに素晴らしいチャンスを頂き、とても良い経験が出来ました。

    チームが次戦のタイ戦で良い結果が出せる事を祈念しております!!

    皆様、本当にお疲れ様でございました!!











    さて、今週末はS耐久の富士10時間!

    チーム一丸となって、優勝を目指します。

    Racingline GOLF TCRに多大なるご声援を宜しくお願い致します!!


     

    Menu