2006 | Formula Nippon

Rd1 2006.04.01 - 02
Fuji International Speedway

Rd2 2006.04.15 - 16
Suzuka Circuit

Rd3 2006.05.27 - 28
Twin Ring Motegi

Rd4 2006.07.08 - 09
Suzuka Circuit

Rd5 2006.08.05 - 06
Autopolis

Rd6 2006.08.26 - 27
Fuji International Speedway

Rd7 2006.09.16 - 17
Suportsland Sugo

Rd8 2006.10.21 - 22
Twin Ring Motegi

Rd9 2006.11.18 - 19
Suzuka Circuit

関連サイト

 FORMULA NIPPON

 Direxiv Motorsport

DATE & RESULT

2006年5月27日・28日
ツインリンクもてぎ
天候 : 曇り / コース : ウェット - ドライ

Pos / No / DRIVER / TEAM / LAP / TIME

1 / 36 / アンドレ・ロッテラー / DHG TOM'S / 62 / 1:53'49.348
2 / 19 / ブノワ・トレルイエ / mobilecast IMPUL / 62 / 1:53'50.412
3 / 1 / 本山 哲 / arting IMPUL / 62 / 1:54'44.481
4 / 40 / ビヨン・ビルドハイム / DoCoMo / DANDELION / 62 / 1:54'49.237
5 / 20 / 松田 次生 / mobilecast IMPUL / 62 / 1:55'21.712
6 / 31 / ロイック・デュバル / PIAA NAKAJIMA / 62 / 1:55'31.263
7 / 5 / 道上 龍 / 5ZIGEN / 61 / 1:53'56.730
8 / 32 / 武藤 英紀 / PIAA NAKAJIMA / 61 / 1:54'05.196
9 / 4 / 柳田 真孝 / KONDO / 61 / 1:54'25.687
10 / 11 / 立川 祐路 / RECKLESS CERUMO / 61 / 1:54'48.659

13 / 27 / 密山 祥吾 / DPR Direxiv / 59 / 1:54'31.515

COMMENT

密山祥吾コメント

今回はストップアンドゴーが連続するツインリンク茂木です。このコースは以前から他のカテゴリーでも良い思い出がたくさんあるコースなので期待を持って金曜日から走り始めました。このコースはブレ―キング時のリアの安定性と高いコーナーリングスピードが保てるバランスがとっても重要になるのですが、走り始めてすぐにそのバランスが取れていないことがわかりました。短い時間の中で車のセット、走らせ方等をつめていきましたが、またしても2時間という限られた時間の中では良い方向に持っていけませんでした。予選では雨が降ったり止んだりと前回の鈴鹿同様に難しいコンディションの中でのタイムアタックとなりましたが、やはり金曜日に的確なバランスが取れていなかったのでここでも苦戦してしまいました。決勝はレインからドライになりまたレインになり仕上げにドライというまたまた難しいコンディションの中で、序盤は数台とバトルもしたし、ペースもそこそこ良かったのですが、途中、タイヤ交換ではナットがキチンと締まっておらず翌週に再度PITへ。これで5分は損したと思います。僕自身も飛び出したりもしたし、ドタバタしたレース内容でした。しかし、今回自分の悪い所、持って行くべき車の方向性などが少しわかったのでこれから尻上がりに成績が上げられるよう精一杯頑張っていきます。

 HOMEへ戻る  |   ページの先頭へ戻る