2006 | Super GT

Rd1 2006.03.18 - 19
Suzuka Circuit

Rd2 2006.04.08 - 09
Okayama International Circuit

Rd3 2006.05.03 - 04
Fuji International Speedway

Rd4 2006.06.24 - 25
Sepang Circuit (Malaysia)

Rd5 2006.07.22 - 23
Suportsland Sugo

Rd6 2006.08.19 - 20
Suzuka Circuit

Rd7 2006.09.09 - 10
Twin Ring Motegi

Rd8 2006.10.14 - 15
Autopolis

Rd9 2006.11.04 - 05
Fuji International Speedway

関連サイト

 SUPERGT.net

 Direxiv Motorsport

DATE & RESULT

2006年3月18日・19日
鈴鹿サーキット
天候 : 晴れ / コース : ドライ

Pos / No / DRIVER / TEAM / LAP / TIME

1 / 88 / アクティオ ムルシェ RG-1 / マルコ・アピチェラ・桧井 保孝 / 1:44'23.259
2 / 7 / 雨宮アスパラドリンクRX7 / 山野 哲也・井入 宏之 / 0'26.744
3 / 110 / TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER / 松田 秀士・菅  一乗 / 0'29.171
4 / 19 / ウェッズスポーツセリカ / 松田 晃司・脇阪 薫一 / 1'18.509
5 / 87 / トライク ムルシェ RG-1 / 山西 康司・WADA-Q / 1Laps
6 / 2 / Privee Zurich・アップル・紫電 / 高橋 一穂・加藤 寛規 / 1Laps
7 / 27 / direxiv ADVAN 320R / 密山 祥吾・谷口 信輝 / 1Laps
8 / 96 / EBBRO BTEC MAZIORA 350R 黒澤 琢弥・黒澤 翼 / 1Laps
9 / 14 / ハンコックエンドレスポルシェ / 木下 みつひろ・峰尾 恭輔 / 1Laps
10 / 47 / 吉兆宝山 DIREZZA Z / 長島 正興・安田 裕信 / 1Laps
COMMENT

密山祥吾コメント

いよいよ始まった2006年最初のレース。今年はパートナーに谷口信輝さんを迎え入れチャンピオンを目指します。このレースはシーズン1発目で1年間に弾みを付ける為にもとても大切なレースです。予選は僕が担当することになり、金曜日から積極的にセットアップをすすめました。車はとてもいい感じの仕上がりで予選に期待が持てましたが、その予選では他車に引っかかりまくってクリアラップが取れず12位に終わってしまいました。決勝は序盤にフェラーリのオイルを被ってしまい思うようにペースが上がりませんでした。そんな状況でもバトンタッチした谷口さんの好走にも助けられ、7位でゴールしました。今回はちょっと残念な結果でしたが次戦の岡山には期待が持てるデータが収集できたので良かったと思っています。

 HOMEへ戻る  |   ページの先頭へ戻る