2006 | Super GT

Rd1 2006.03.18 - 19
Suzuka Circuit

Rd2 2006.04.08 - 09
Okayama International Circuit

Rd3 2006.05.03 - 04
Fuji International Speedway

Rd4 2006.06.24 - 25
Sepang Circuit (Malaysia)

Rd5 2006.07.22 - 23
Suportsland Sugo

Rd6 2006.08.19 - 20
Suzuka Circuit

Rd7 2006.09.09 - 10
Twin Ring Motegi

Rd8 2006.10.14 - 15
Autopolis

Rd9 2006.11.04 - 05
Fuji International Speedway

関連サイト

 SUPERGT.net

 Direxiv Motorsport

DATE & RESULT

2006年4月8日・9日
岡山国際サーキット
天候 : 晴れ / コース : ドライ

Pos / No / TEAM / DRIVER / TIME

1 / 27 / direxiv ADVAN 320R / 密山 祥吾・谷口 信輝 / 2:02'42.232
2 / 11 / JIM CENTER FERRARI DUNLOP / 田中 哲也・青木 孝行 / 1Laps
3 / 110 / TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER / 松田 秀士・菅  一乗 / 1Laps
4 / 13 / エンドレスアドバンCCI Z / 影山 正美・藤井 誠暢 / 1Laps
5 / 46 / 吉兆宝山 DIREZZA Z / 佐々木 孝太・番場 琢 / 1Laps
6 / 88 / アクティオ ムルシェ RG-1 / マルコ・アピチェラ・桧井 保孝 / 1Laps
7 / 62 / WILLCOM ADVAN VEMAC408R / 柴原 眞介・八木 宏之 / 1Laps
8 / 26 / MOTOタイサンエンドレスGT3R / 山路 慎一・西澤 和之 / 1Laps
9 / 101 / TOY STORY Racing MR-S / 新田 守男・高木 真一 / 2Laps
10 / 19 / ウェッズスポーツセリカ / 松田 晃司・脇阪 薫一 / 2Laps
COMMENT

密山祥吾コメント

今回は前回のレースで救済ポイントが貯まり、1ランクアップの状態でレースに挑めることになり、優勝が狙える状況でした。この週末は木曜日からテストを開始し、予選は谷口さんに担当してもらいました。練習日から車の状態は素晴らしく、予選では3番手と好位置に着けてもらえたので後は表彰台のてっぺんを目指すだけ。スタートは谷口さんがポジションキープから徐々に順位を上げ、トップでバトンタッチさせてもらいました。ピットアウトした時は真後ろに2位のBOXTERが迫っていましたが、ADVANタイヤの素晴らしい温まりにも助けられ、アウトラップから良いペースで走り出せました。後は後続のことを気にすることもなく自分のペースを貫いた結果、独走状態でゴールすることができました。この優勝を支えてくださった皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました!

 HOMEへ戻る  |   ページの先頭へ戻る