Super GT

Rd3 2010.05.01 - 02
Fuji Speedwey

Rd5 2010.07.24 - 25
Sportsland SUGO

Rd6 2010.08.21 - 22
SUZUKA CIRCUIT

Rd8 2010.10.23 - 24
Twin Ring Motegi

関連サイト

 SUPERGT.net

DATE & RESULT

2010年10月23日・24日
ツインリンクもてぎ
天候 : 晴れ / コース : ドライ

Pos / No / TEAM / DRIVER / TIME

1 / 3 / TOMICA Z / 星野 一樹・柳田 真孝 / 1:38'00.830
2 / 2 / アップル・K-one・紫電 / 加藤 寛規・濱口 弘 / 0'22.303
3 / 86 / JLOC ランボルギーニ RG-3 / 山西 康司・関口 雄飛 / 0'32.791
4 / 11 / JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430 / 田中 哲也・平中 克幸 / 0'33.203
5 / 5 / マッハGOGOGO車検408R / 玉中 哲二・黒澤 治樹 / 1'06.078
6 / 25 / ZENT Porsche RSR / 都筑 晶裕・土屋 武士 / 1'08.153
7 / 19 / ウェッズスポーツIS350 / 織戸 学・片岡 龍也 / 1'08.428
8 / 7 / M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 / 谷口 信輝・折目 遼 / 1'12.647
9 / 9 / 初音ミク X GSRポルシェ / 番場 琢・佐々木 雅弘 / 1'16.589
10 / 62 / R&D SPORT LEGACY B4 / 山野 哲也・佐々木 孝太 / 1'17.743
11 / 26 / CINE CITTA'タイサンポルシェ / 植田 正幸・密山 祥吾 / 1'21.629
COMMENT

密山祥吾コメント

今回は最終戦という事もあり、有終の美を飾るべく気合を入れて臨みました。前回の鈴鹿ではポールポジションを獲得したマシン、今回も当然良いレースが出来る様、色々な事を考えながらサーキット入りしました。

金曜日のテスト走行では、少しずつセットを詰めて行きましたが、基本的なセットがとても良く、最初から気持ちよく走行する事が出来ました。テスト走行での順位は4番手。予選に向けての感触も良く、好グリッド獲得へ期待が膨らみました。今回の予選はノックダウン制で、1回・2回・ファイナルと3パートに分かれておりました。ノックダウン1回目、まずは植田選手がアタックに行きましたが、本当に素晴らしい走りを見せてくれ、1分55秒台をマークしノックダウン1回目をクリアしてくれました。2回目は10位以内に残る事が必須条件になるので私がアタックしました。結果は7位通過。後は3回目で最終的な順位が決まるのですが、ここでマシンにミッショントラブルが発生し、チームはファイナルの出走を断念、結果は10位でした。

決勝は私がスタートし、規定集回数の35周付近まで引っ張り、植田選手に交代、という作戦でした。スタートでは、1コーナーの場所取りに失敗し2つ順位を落としてしまいました。しかし、マシンの状態はとても良く、毎週の様にライバルとバトルを展開し、3位まで上がった所でドライバー交代を行いました。今回はタイヤ無交換作戦を敢行したのですが、植田選手はグリップダウン激しいマシンで見事にゴールまでマシンを導いてくれました。結果は少し残念なものになりましたが、レースを大いに盛り上げる事が出来たと思っております。

次戦はいよいよ、待ちに待ったFuji SPRINT CUP。ドライバー・タイヤ無交換、スタンディングスタートなど、見所満載のレースなので、最後まで集中し、キッチリと結果に結び付けたい、と思っております。今年最後のレース、皆様の多大なるご声援を宜しくお願い申し上げます。

 HOMEへ戻る  |   ページの先頭へ戻る