Asian Le Mans Series

Asian Le Mans Series 2010.11.07 - 02
Zhuhai International Circuit

関連サイト

 Asian Le Mans Series

DATE & RESULT

2010年11月5日-7日
珠海国際サーキット

COMMENT

密山祥吾コメント

今回の珠海戦は東海大学チームにドライバーとして参加してから2度目のレースでした。今年は春頃からこの珠海に向けて、チーム一丸となり様々なテストを行い、大学では学生の皆がこのプロジェクトに集中して取り組み続けてくれたおかげで、僕たちドライバーも集中して走れる環境が整ったと思いました。

珠海はこの時期、雨が降る事は滅多に無いそうですが、珠海に着くなり雨が降り出し、テストデーは終始、雨との格闘となりました。初日に雨によるクラッシュなどもありましたが、学生は諦める事無く、困難な難題に立ち向かってくれ、見事に予選にマシンを間に合わせてくれました。そして、予選では組み上がったばかりのマシンで僕がアタックを行いました。学生が精魂込めて修復してくれたマシンだったので、いつも以上に集中し、プッシュして走る事が出来、予選6位を獲得する事が出来ました。一時は走る事すら出来ないかも、という雰囲気が漂っていた中では、最高の結果だったと思います。 決勝では、脇阪選手と力を合わせ、安定したラップを刻み続ける事が出来ました。

LMP-1という、世界最高峰のクラスでの戦いは容易な事ではありませんでしたが、そんな中でも、東海大学の皆はミスなく、本当に良くやってくれたと感謝しています。やはり競争の世界なので、完走で喜ぶ事は出来ませんが、東海大学のプロジェクトに少しは貢献する事が出来たと思っております。来年もこのプロジェクトに携わり、進歩していく東海大学を世界中にアピールしたいですし、何よりも世界のトップが集まる中で、集中した良いレースが出来るよう、今後も精一杯、頑張ります。応援してくださった皆様、東海大学の皆様、相棒の脇阪選手、本当にありがとうございました。

 HOMEへ戻る  |   ページの先頭へ戻る